お勧めコース

「霧島神宮」

霧島神宮

閑寂な老杉の濃い緑に包まれた参道・境内を抜けると、格調高い朱塗りの社殿の荘厳かつ豪華絢爛な姿があらわれます。 建国神話の主人公である瓊々杵尊(ニニギノミコト)を祀った霧島神宮は、創建が6世紀と古い歴史を誇る神社です。 最初は高千穂峰と火常峰の間にある背門丘に建てられたといいますが、霧島山の噴火による焼失と再建を繰り返し、500年以上前に現在の場所に移されました。現在の社殿は島津氏第21代当主(第4代薩摩藩主)島津吉貴が、1715年に建立・寄進したものです。

霧島神宮公式ホームページ

    お勧めスポット

  • 霧島神宮 参道

    霧島神宮 参道

  • 霧島神宮 参道

    霧島神宮 参道

  • 御神木の烏帽子様

    御神木の烏帽子様

  • 御神木

    霧島神宮 御神木

  • 神宮大橋

    神宮大橋

  • 霧島民芸村

    霧島民芸村

    霧島神宮 神水峡

    霧島神宮近くにある霧島観光案内所の駐車場を下に降り、そこから階段を下って道なりに歩き用水路を渡ると二手に道が分かれる。そこを左下に降りていくと幅が1.5m程の橋が架かっている。その橋の中央に立って上流側・下流側を眺めるとすばらしい渓谷が現れる。高さはおおよそ20mほどあり一見の価値があります。
    また、二手に分かれた右側の道(民芸村敷地内)を道なりに歩くと初めに安産・子宝の神が現れ、次ぎに縁結びの神が現れ、田の神通りには沢山の田の神が祭られ、更に奥に進むと竜神の蛇口が現れる。ここには「神仏集合の霧島神宮の本尊は十一面観世音であり、常に龍の姿となって清い泉のなかにあるといわれている」と書かれている。この水はミネラルウォーター(自然湧水)でマグネシウム・カルシウムが県内で最も多く含まれており非常に美味しい水だそうです。

  • 柱状節理

    柱状節理

  • 霧島川渓谷

    霧島川渓谷

  • 霧島川渓谷

    霧島川渓谷

  • 竜神の水

    竜神の水

  • 霧島神宮 神水峡

    霧島神宮 神水峡 滝

霧島七不思議の場所

霧島七不思議地図